ラプンツエル

『この穢れた手で良かったら、何に代えても護りましょう』


++ categorieslatest entrylinks ++






スポンサーサイト

*---------------------------------------------------------

一定期間更新がないため広告を表示しています

---------------------------------------------------------*

- // スポンサードリンク

no title

*---------------------------------------------------------

いつもなら、私

頭を撫でてたのかな
好きって言ってたのかな
あの手を握っていたのだろうか




涙は手のひらの刻印に染みこんだ

ああ、この手は

誰を救えますか?
何ができますか?


涙は頬からこぼれて渇いた唇に流れこんだ

ああ、この声は

何を救えますか?
誰を支えられるのですか?

---------------------------------------------------------*

- // 衿加

no title

*---------------------------------------------------------

何も聞こえなかった
何も感じなかった

目の前にある暗闇だけを見ていた


私の叫びは、誰に届く?

光に手を伸ばすけれど
怖いんだ

怖いんだ


染まりきった私を誰が受け止めてくれる?


私の叫びは、何に届く?

闇は深まり、光は輝きを増す


光に手を伸ばすほど、私は


私は





ここはひどく寒い
体温がなくなっていく

---------------------------------------------------------*

- // 衿加

no title

*---------------------------------------------------------

大好き。

---------------------------------------------------------*

- // 衿加

E

*---------------------------------------------------------

繋がっていられるよ

暗闇の中の光ほど、輝くものはないから

見失わないよ

見つけたから





幸福の内に、あなたがいますように

では、また

---------------------------------------------------------*

- // 衿加

終わりの日

*---------------------------------------------------------

今日を持って、このサイトを更新することをやめます

1週間以内にネット接続の解約をして
携帯電話のアドレスの変更及びパケホーダイの解約をします

ネットを通し、出会った皆様
今回のネットを遮断するにあたりアドレスの通知を行いません
大変仲良くしてくださった皆様に失礼なことをするのをお許しください

例外なくネットで出会った「すべての人」のアドレスを削除致しました
また、ここ1ヶ月間連絡を取らなかったリア友のアドレスも削除致しました


このサイトのリンクも剥がしてくださって構いません


*


さようなら


---------------------------------------------------------*

- // 衿加

no title

*---------------------------------------------------------

大嫌い。

---------------------------------------------------------*

- // 衿加

*

*---------------------------------------------------------

つらいのかな
悲しいのかな
嬉しいんだろうか

自分の感情がよくわかんない

もやもやしたこの気持ち
なんだろう

消えてしまったほうが、いいのかな
何となくそんな気がするんだ



何もかも、わからないや

---------------------------------------------------------*

- // 衿加

逃がして、この世界から

*---------------------------------------------------------

どこかがひどく狂ってしまっているこの世界の中で
自分の中心にただ佇んでいる自我を抱きしめている

ねえ、誰かこの世界から連れ出して
神様、私を逃がして

朝のこない夜が
明けることはない夜が
私を包み込むことを知ってしまったから

過去も未来もいらない
現実だけ抱いて
風のように攫っていって


何かがひどく欠けてしまっているこの世界の中で
誰に捧げるかも解らない詩を紡いでいるのね

ねえ、誰かこの世界から救って
神様、私を抱きしめて

雲の消えない空が
晴れることのない空が
私を包み込むことを知っているから

ねえ、誰かこの世界から
神様、私を

---------------------------------------------------------*

comments(13) // 衿加

Powered by paperboy&co & JUGEM

Designed by Coo

Photo by 24/7